TOP > むし歯(カリエス)治療


むし歯(カリエス)治療


 歯科医院で行う最も多い治療はむし歯(カリエス)治療です。むし歯は大きさよりC1〜C4に分けられます。一般的に大きな治療になればなるほど、歯の寿命は短くなります。適切な治療を受け、自分の大切な歯を守っていきましょう。

C1:エナメル質内のむし歯
 最も軽度のむし歯で、歯の溝等が黒く見える場合がありますが、痛みが出ることはほとんどありません。エナメル質が溶け、穴が開いてしまっているため、むし歯を取り除いた後、レジンと呼ばれる合成樹脂等で詰める治療を行います。

C2:象牙質まで進行したむし歯
 この段階までむし歯が進行すると、歯の神経が刺激され、冷たいものがしみたり、かむと痛んだりなどの症状が出てきます。
 むし歯の場所や状態によってレジン充塡(合成樹脂)による修復や、インレー(歯型を取ってつくる詰め物)等による修復を行います。


レジン充塡による修復


セラミック・インレーによる修復


ゴールド・インレー/クラウンによる修復


  *保険内の治療ではパラジウム合金(銀歯)による治療になります。

C3:歯髄(神経)まで進行したむし歯
 この段階ではむし歯が神経まで進行するため、何もしなくてもズキズキ痛むといった症状が現れてきます。炎症を起こした神経を取り除く処置(根管治療)が必要となります。その後補綴処置(かぶせ物等)を行います。

C4:歯の根のみが残っている状態 
 むし歯のため、歯冠が無くなり、歯の根のみが残っている状態。根の中も感染している場合が多く、通常根管治療が必要です。健全な歯質が少ない場合には抜歯になることもあります。
 しかし深いむし歯の場合でも、部分矯正(歯の挺出)や歯冠延長術により、歯を残すことが可能になります。