TOP > インプラントとは > インプラント治療の流れ > 治療例

  口腔インプラント専門医によるインプラント治療

インプラントとは

 インプラントとは虫歯や歯周病で歯を失った場合、その両側を削りブリッジにするか、取り外しの入れ歯を入れるのが一般的な方法です。
 インプラントは失ってしまった自分の歯のかわりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。
 当院では日本口腔インプラント学会が認定した口腔インプラント専門医がインプラント治療を行っております。また歯周病専門医でもあることから、できるだけ自分の歯を生かした治療を心がけております。



当院でのインプラント治療に対する考え

・インプラントは欠損部を補う優れた方法ではありますが、天然の歯よりも感染に弱く、術前・術中は勿論、術後の衛生管理もより大切になってきます。 

・お口の中に活用されていない親知らず等の不要な歯があり、条件が整っていれば、歯の移植による治療も行っております。

・当院では欠損があるからインプラントという考えではなく、まずは天然の歯を大切にし、できるだけ自分の歯を残す治療に取り組んでいきたいと考えております。

・また当院では喫煙される患者さんのインプラント治療は基本的にお断りしております。(歯周病と禁煙チャレンジ

・お口の健康だけでなく、体の健康を守るためにも、医療機関(禁煙外来)と提携して、治療にあたっています。