TOP > 歯の移植


歯の移植(自家歯牙移植)


 歯を失った部分にご自身の不要な歯を移植する方法です。
自家歯牙移植は自分の不要な歯を利用するため、インプラントと比較してメリットの多い治療法であると考えます。当院ではなるべく天然の歯を残す治療を常に心がけております。


症例1
術前:左上の奥歯が大きなむし歯で保存できない状態でした。
左上の親知らずを利用し、手前の歯に移植する計画を立てました。

術中:保存できない歯を抜歯後、親知らずを手前の歯に移植しました。

術後:移植した歯の根管治療後、一定期間問題がないか等を経過を見て補綴処置(被せもの治療)


症例2
左下8→左上5
01 左上の歯が腫れて噛むと痛いとのことでした。
上の奥歯が欠損しており、残った歯に負担がかかっている状態です。

02 内側の歯ぐきが腫れています。

03 レントゲン写真で歯の根が割れてしまっていることが分かりました。

04 割れてしまった歯です。

05 左下の埋まっている不要な親知らずを活用することにしました。

06 移植する部分のCT撮影を行い、顎の骨の状態を確認します。
(医科用CTを使用しました。)

07 移植後に根の治療を行い、移植歯の補強(土台の治療)を行います。

08 仮歯を装着して一定期間問題がないか様子をみます。

09 最終的な被せ物(ここではブリッジ)を装着します。
この後メインテナンスを行っていきます。