TOP > 矯正歯科 > 成人矯正 > 小児矯正(咬合育成) > 部分矯正(MTM)

小児矯正(咬合育成)


症例1
術 前:前歯の噛み合わせが一部反対になっており、歯の生えるスペースが少なく、歯が重なりあって生えている状態です.

術 後:歯が生えるスペースの確保後、矯正器具(マルチブラケット装置)により歯並びを治しました。治療後は後戻りを防止するために、一定の期間保定装置を装着し、経過観察を行います。






症例2
術 前:右下の永久歯が斜めに生えてしまい、右側のかみ合わせがずれている状態でした。
術 後:最小限の治療で斜めに倒れて生えてしまった歯を治すことができました。


症例3