TOP > 歯周病とは > 歯周病治療の流れ > 治療例

  歯周病専門医による歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは、プラーク(歯垢)中の細菌が歯肉に炎症を引き起こし,進行すると歯周組織(歯を支える骨など)を 破壊してしまう病気です。
 成人の約80%が歯周病にかかっていると言われ、歯を失う一番の原因となっています。




 歯周病は自覚症状がないことが多く、受診された時にはすでに手遅れといった場合もあります。全身疾患(糖尿病、心臓病、呼吸器疾患など)にも影響がありますので、早めの治療と治療後のメインテナンスが大切です。




歯周病の症状

下記の症状がある方は歯周病の疑いがあります。早めの受診をお勧めします。
□ 歯肉から血や膿が出る
□ 歯肉が腫れる
□ 口臭が気になる
□ 歯がぐらぐらする
□ 歯がしみる
□ 歯が長くなったように見える
□ 歯と歯の間が開いてきたように感じる
 など

プラーク(歯垢)の中の細菌


位相差顕微鏡で見るお口の中の状態



歯周病を進行させる要因

局所的な要因(お口の中の状態など)
 ・歯垢、歯石
 ・不適合な被せものなど
 ・歯ならびやかみ合わせ不良
全身的な要因(生活習慣など)
 ・ブラッシング不良
 ・喫煙
 ・食習慣
 ・ストレス、不規則な生活
歯周病による全身への影響
 ・糖尿病
 ・呼吸器疾患
 ・心疾患
 ・脳血管疾患
 ・早産、低体重児出産