TOP > 歯周病とは > 歯周病治療の流れ > 治療例

治療例


① 歯肉の腫れと出血、口臭も気になるとのことで来院されました。この状態で無理にむし歯の治療を行ってもよい結果は得られません。
 日常のセルフケアと歯周病の治療により歯肉が健康な状態に回復し、ブラッシング時の出血や口臭もなくなりました。
 この状態になってから必要なむし歯の治療を行っていきます。


② 上の前歯がぐらぐらする、歯肉が腫れたとのことで来院されました。前歯の裏側を見ると、歯冠が折れており、この状態では歯を残すことが厳しい状態でした。歯周病の治療を行い、歯肉を改善した後、折れた歯の部分的な矯正治療を行いました。少しでも歯を支えている骨を確保するため、左右の歯頚ラインにズレはありますが、歯を抜かずに治すことができました。歯周病も改善しました。


③ 全体的に歯がグラグラする、前歯のすき間が気になるとのことでしたが、歯周病の治療や部分的な矯正治療により、歯周病が改善しました。治療前の状態からまだ歯を1本も抜かずに維持しています。


④ 前歯がグラグラして抜けそう、歯周病を治したいとのことで来院されました。残せる歯が少ない状態でした。歯周病の補綴装置として最適なテレスコープ義歯を装着しました。

X線写真比較


① 下の前歯がぐらぐらするとのことでした。歯周基本治療を行い、深いポケットが残った部分に歯周外科治療を行いました。歯周病の治療により歯を支える骨が安定してきました。

② 左下の歯がグラグラする、膿が出るとのことでした。噛む力が強く、入れ歯の金具が引っかかる場所でもあるので、残すことが難しい状態でした。
適切な歯周病の治療により、歯を支える骨が再生し、歯を抜かずに治すことができました。

③ 左下の歯がグラグラする、冷たいものがしみるとのことでした。歯周病の治療により歯を支える骨が安定し、歯周病が改善しました。