TOP > 歯の根の治療

歯の根の治療(根管治療)


 細菌に感染した神経を取り除いたり、感染した根管内部をきれいにし、根の先にできた根尖病変(膿のふくろ)を消失させる治療です。
 感染した根管治療は再発するリスクが高くなります。時間を手間をかけてしっかりと治療を行う必要があります。


症例
① 左上の前歯に根尖病変があります。歯の根元がいつも腫れているとのことでした。
治療により根尖病変が消失しつつあります。


② 右下の歯が噛むと痛い、グラグラするとのことでした。
治療により症状もなくなり、根尖病変も消失しました。歯を支える骨も改善しました。
入れ歯を支える歯ですので、この2本の歯を残せたことは大きいです。


③ 右上の前歯に大きな根尖病変があります。
根管治療により、病巣が消失しました。


④ 左上の前歯に根尖病変があります。
治療により、歯肉の腫れや痛みは無くなり、レントゲンでも病巣は消失したようです。