歯の移植
(自家歯牙移植)

自家歯牙移植とは

治療では残すことができず、やむをえず抜歯になってしまう場合、親知らずや非機能歯(咬み合わせに関与していない歯など)を移植する方法です。自家歯牙移植は自分の不要な歯を利用するため、インプラントと比較してメリットの多い治療法であるといえます。当院では欠損部に対してインプラントがベストという考えではなく、まずは天然の歯を大切にし、できるだけ自分の歯を活かした治療に取り組んでいます。

当院の自家歯牙移植の特徴

Point01.歯根膜を最大限に活用した究極の治療法です

歯牙移植の最大の特徴は歯根に存在している歯根膜が活かされる点にあります。

歯根膜は約0.2〜0.3mmほどの厚みがあり、歯根の表面に付着しています。歯根膜は歯と歯を支える骨(歯槽骨)に介在する重要な組織で、これがなければ歯は口の中に存在することはできない極めて重要な組織です。この歯根膜には主に5つの機能があります。

  • 支持機能:歯を支える機能
  • 感覚機能:歯にかかる力を感じる機能
  • 再生機能:ダメージを受けた歯根膜が回復する機能
  • 栄養機能:歯根膜の周囲に栄養を届ける機能
  • 恒常性維持機能:主に歯が移動する際に関連する機能

この中で「感覚機能」は力を感じるセンサーの役割を持っています。食物を食べた際に、硬いものや柔らかいものを感じること、つまり咬みごたえを感じることができるのは歯根膜があるからで、人工歯根であるインプラントにはない機能です。歯の数が少なくなった際に、逆にこの機能を活かして歯に負担がかからない程度の力で咬むトレーニングを行うことで、歯の寿命を伸ばすことができます。

「再生機能」は歯周病になった歯が改善する際に活かされる機能です。歯の移植は一旦抜歯を行うため、歯根膜には一定のダメージを受けます。移植直後、歯がぐらぐらしているのが約1ヶ月ぐらいで顎の骨の中で定着してくるのはこの機能があるおかげです。

「恒常性維持機能」は、例えば矯正治療において発揮される機能です。矯正治療により一定の方向に歯に力が加わると、歯根に接する圧迫された側の顎の骨は吸収し、一方で牽引(歯根と顎の骨が引き剥がされる)側には空いたスペースに骨が添加されます。このように圧迫と牽引が繰り返されることで歯が動いていきますが、歯根と顎の骨の間にある歯根膜は、圧迫側でも牽引側でも変わらずに一定の幅を保っています。歯根膜にはこのような恒常性を有しているため、歯の移動ができるのです。

このように天然歯の持つ歯根膜には様々な優れた機能があるため、我々は患者さんに天然歯の大切さをお伝えするとともに、できるだけ天然歯を活用した歯科臨床に取り組んでいきたいと考えております。

Point02.豊富な症例数と様々な知見に基づく治療

自家歯牙移植は歯科治療の中でも難易度が極めて高い治療の一つで、さまざまな知識やテクニックを要します。当院では、治療精度を高めるために、歯科用CTを導入しています。歯の移植治療においては、移植する歯や顎の骨の立体的な形態を把握しておくことが大切で、これにより適用できるケースなのかを診断し、安全に治療を行うことが可能になります。これまで日本における歯牙移植の大家である下地勲先生(東京都開業:しもじ歯科クリニック)に師事し、多くの症例を経験してきました。また様々な学会や勉強会等で歯牙移植に関連する内容の発表や講演を行っております。歯牙移植は大変優れた治療法ではありますが、適用が困難な症例もあり、お口の状態によってはインプラントの方が良い場合もございます。当院では、インプラント治療などの様々な治療法と比較し、自家歯牙移植の有効性が上回る症例において治療を行っております。

自家歯牙移植とインプラントの違い

歯を失った場合、一般的にはインプラントやブリッジ、入れ歯といった治療で歯の機能を補います。しかし、それ以外に、ご自身の歯を用いて失った歯を補う治療が「自家歯牙移植」です。自分の歯を活用するため、インプラントにはない様々なメリットもあります。

自家歯牙移植 インプラント
埋め込む歯 自分の歯(親知らずなど) 人工歯根(チタン製)
歯根膜 一緒に移植する なし
治療方法
(外科的な侵襲)
抜歯した自分の歯を、別の場所に移植する 製の人工歯根を埋め込む(小〜大)
歯根吸収 あり なし
感覚機能 あり なし
再生機能 あり なし
恒常性維持機能 あり(動く) なし(動かない)
軟組織(歯肉)との付着 歯根膜があり、適合しやすい なし(天然歯と比べて感染に弱い)
治療費用 自費(症例によっては保険適用) 自費

自家歯牙移植のメリット・デメリット

  • Merit

    • 歯への刺激を伝える「歯根膜」があるのでため、食事の際に噛みごたえや歯ざわりを感じやすくなります。
    • 歯牙移植した歯も矯正治療で動かせる。
      (インプラント治療した歯は矯正治療で動かせません)
    • 他の歯と連結(つなぐ)して修復することができる
  • Demerit

    • 適用できる症例が限られる。
    • 他の歯と同じようにむし歯リスクがある。
    • 歯根吸収(歯根が自然に溶けて骨に置き換わってしまう)を起こす場合がある。

自家歯牙移植の症例紹介

自家歯牙移植

  • Before

  • After

症状 咬むと痛い
年齢・性別 50代・女性
治療期間 約1年
治療方法 自家歯牙移植
費用 約35万円(1歯の移植・2歯の補綴費用込み)
メリット 移植歯に歯根吸収が起こる場合がある
デメリット・注意点 移植歯のため、手前の歯と連結して被せることができる
詳しく見る
料金表
pagetop