審美治療

審美治療とは

審美治療とは、歯科治療による機能回復に加えて「自然な歯のように白くしたい」「段差のある歯並びをきれいに整えたい」などの見た目の美しさを考慮した治療です。また機能回復に金属を使わないセラミックの詰め物や被せ物を使用すれば、金属アレルギーの心配がなく、プラークが付きにくくなり、むし歯や歯周病のリスクを軽減することができます。さらに単に詰める・被せるだけではなく、歯肉や口元、そして患者さんそれぞれの顔貌と調和させることにも配慮しております。そのため当院では、高い技術力を持った歯科技工所と提携し、精度の高い修復・補綴物を提供しております

審美治療がおすすめの方

  • 人前で口元が見えることに抵抗がある
  • 笑顔に自信を持ちたい
  • 歯を綺麗に見せたい
  • 金属アレルギーが心配

当院の審美治療の特徴

Point01.マイクロスコープや拡大鏡の活用による「治療精度の高さ」

当院はできるだけ正確で精度が高い治療を提供するために、マイクロスコープや拡大鏡を積極的に使用しています。これらの機器を使用することで、治療効率の向上や再発防止、仕上がりの美しさなど、患者さんにもさまざまなメリットがあります。

Point02.身体に優しい「メタルフリーの素材」

「メタルフリー」とは金属を使用しない治療です。保険適用の銀歯は、費用負担が少ない利点はありますが、金属アレルギーやメタルタトゥー(金属の影響で歯ぐきが黒ずむ現象)があるので、当院では身体に優しい治療としてセラミックを使った治療に力を入れています。

Point03.シリコン印象を使用した高精度の型取り

当院では、歯科治療を多く使用されているアルジネートという印象材の他に、シリコンを使用した印象材での型取りを行なっております。シリコンでは、歯と歯ぐきの境目を綺麗に型取りができるため、詰め物た被せ物の製作精度が高くなります。さらに歯の形態が複雑な場合は個歯トレー法(1本の歯に専用のトレーを用いる方法)によるシリコンの型採りを行います。型採りが難しい症例でも精密な歯型を採ることができます。
歯ぐきや、歯との境目にすき間が治療後にあると、そこにプラーク付着したり、歯磨きでは落とし切れないなどが発生し、むし歯になるリスクが高くなるため、当院では型取りの精度からこだわり治療をしております。

写真左:精密印象2重圧排:自費診療で行う型採り(2重圧排によるシリコン印象)は保険内で行うアルジネート印象と比較して変形が少なく、精密で歯型を採ることができます。
写真右:個歯トレーによる精密印象:歯の形態が複雑な場合は、1本の歯に専用のトレーを組み合わせて型採りを行います。これによりさらに精密な歯型を採ることができます。

詰め物・被せ物

当院で行う詰め物・被せ物の治療では、様々な素材から選んでいただくことができます。
患者さん一人ひとりのお口の状態やライフスタイルに合わせて、適切な素材のご提案をいたしますので、ご安心ください。

詰め物(インレー)

  • ゴールド

    天然の歯に近い硬さのため、咬み合う歯にも安心して使用できます。特に奥歯の治療に適しています。
    歯との適合性が高く加工もしやすいため、二次的なむし歯を防ぐ効果も期待できます。人体との親和性も良く、保険の金属と比較して金属アレルギーになりにくい素材です。
    ※自費診療になるため、保険診療に比べ費用がかかります。輝きがあり、口を大きく開けると目立つことがあります。

  • セラミック(e-max)

    すべてセラミックのみを使用して作られる素材です。透明感があるため、色味も現在の歯に合わせることが可能です。セラミックの自然な白さにより、口を開けても治療した部分が目立つ心配もほとんどありません。また金属を使用しないため、金属アレルギーの心配がありません。
    ※自費診療になるため、保険診療に比べ費用がかかります。強度を保つために、銀歯に比べると、歯を削る量がやや多くなることがあります。

被せ物(クラウン)

  • ゴールド

    天然の歯に近い硬さのため、特に奥歯の歯が咬み合う箇所の治療に適しています。
    歯との適合性が高く加工もしやすいため、二次的なむし歯を防ぐ効果も期待できます。人体との親和性も良く、保険の金属と比較して金属アレルギーになりにくい素材です。
    ※自費診療になるため、保険診療に比べ費用がかかります。輝きがあり、口を大きく開けると目立つことがあります。

  • セラミック(ジルコニアフレーム)

    ジルコニアによって製作される被せ物。人工ダイヤモンドと呼ばれるほど高い強度を持ち、透明度も高く、天然歯に近い色調を再現することができます。割れや欠けの心配が少なく、長期間の使用にも適しています。衛生管理がしやすく、細菌がつきにくいのも特徴です。
    ※自費診療になるため、保険診療に比べ費用がかかります。2重構造でクラウンに厚みが出るため、歯を削る量が多くなる場合があります。

  • セラミック(e-max)

    すべてセラミックのみを使用して作られる素材です。透明感があるため、色味も現在の歯に合わせることが可能です。セラミックの自然な白さにより、口を開けても治療した部分が目立つ心配もほとんどありません。また金属を使用しないため、金属アレルギーの心配がありません。
    ※自費診療になるため、保険診療に比べ費用がかかります。強度を保つために、銀歯に比べると、歯を削る量がやや多くなることがあります。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは、「コンポジットレジン」と呼ばれる歯科用のプラスチックを治療が必要な歯に直接詰めて修復する治療法です。従来とは異なり、型取りをする必要がなく、削る量を最小限に抑えられます。保険のプラスティックで削って詰める方法と違い、歯の形や色を整える工程が異なります。ダイレクトボンディングでは、ラバーダム防湿を用いてしっかりと防湿を行うため、歯に接着する強度が格段にアップします。またマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使って治療するため、歯の色に合わせるだけなく、数種類の材料を使用して立体的に整えて行くため審美的に修復することができます。

※自費診療になるため、保険診療に比べ費用がかかります。むし歯の進行状況により、治療が適用できない場合があります。

審美治療の症例紹介

ダイレクトボンディング(顕微鏡歯科治療)

  • Before

  • After

症状 むし歯を治したい
年齢・性別 40代 女性
治療期間 1回
治療方法 ダイレクトボンディング(顕微鏡歯科治療)による審美修復治療
費用 38,500円
メリット 歯を削る量が最小限で済む 1回で治療できる
デメリット・注意点 咬む力が強い方や歯ぎしりが強い方は詰め物が欠ける可能性がある
経年的に着色がみられる可能性がある
詳しく見る
料金表

ホワイトニングとは

歯は食生活や加齢、遺伝などの原因から、変色がみられる場合があります。
表面に着色したものと違って、歯磨きや歯科医院での通常のクリーニングでは落とすことはできません。
ホワイトニングは専用の薬剤を使って、歯を傷つけることなく自然な白さにすることができます。主に医院で行う「オフィスホワイトニング」と自宅で行う「ホームホワイトニング」があり、歯の状態による効果的な方法で行います。

歯を白くするメカニズム

ホワイトニングの薬液には過酸化水素や過酸化尿素が含まれていることで、歯の表面だけでなく歯を構成する要素自体を白くすることができます。削ったり被せたりする治療とは異なり、歯への負担が少ないことが大きなメリットです。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには、患者さんご自身で行っていただく「ホームホワイトニング」と、歯科医院でプロが行う「オフィスホワイトニング」の2種類の方法があります。

  • ホームホワイトニング

    方法
    患者さんご自身でマウスピースを使用して行う

    効果
    時間をかけてじっくりと白くしていく

    通院回数
    はじめのマウスピース作製時と薬剤の購入時のみの通院

    色の後戻り
    色戻りしづらく、比較的効果が長持ちしやすい

    費用
    比較的費用を抑えて施術が可能

  • オフィスホワイトニング

    方法
    歯科医院で、プロ(歯科医師や衛生士)が施術する

    効果
    効果を実感できるのが比較的早い
    神経がない天然歯に対しても効果がある

    通院回数
    ホワイトニング施術の際に毎回の通院が必要
    (通常4~5回)

    色の後戻り
    効果を早く感じられる分、やや色戻りしやすい

    費用
    ホームホワイトニングに比べると費用負担が大きい

ホームホワイトニング

患者さんご自身がご自宅などで行っていただくホワイトニングです。歯科医院で作製したマウストレーに低濃度のホワイトニング剤を入れて、毎日一定の時間で装着していただきます。オフィスホワイトニングに比べると治療期間は長くなりますが、色戻りがしにくいメリットがあります。

※自費診療になるため、保険診療に比べ費用がかかります。効果が現れるまでに時間がかかったり、色の色調をコントロールすることが難しかったりする場合があります。

ホームホワイトニングがおすすめの方

  • 効果を長持ちさせたい
  • 自分のペースで気軽に歯を白くしたい
  • ホワイトニングしたいけど費用を抑えたい
  • 忙しくなかなか通院することができない

オフィスホワイトニング

歯科医師や歯科衛生士が歯科医院で施術するタイプのホワイトニングです。歯科専用の高濃度のホワイトニング剤を歯に塗布し、特殊な光を一定時間照射することで歯を白くします。数回の施術で白さを実感できます。

オフィスホワイトニングがおすすめの方

  • 歯をできるだけ早く白くしたい
  • 歯のメインテナンスもあわせてしたい
  • 色ムラが少ない仕上がりにしたい

ホワイトニングの症例紹介

前歯をホワイトニング

  • Before

  • After

症状 前歯の色が気になる
年齢・性別 20代・女性
治療期間 3回
治療方法 オフィスホワイトニング(歯科医院でのホワイトニング)
費用 24,000円(税込26,400円)
メリット 自分の歯を残したまま白い歯に改善することができる。
デメリット・注意点 ホワイトニングの効果は個人差があります。
ホワイトニング中は着色しやすい飲食物は控える
必要があります。
詳しく見る
料金表
pagetop