TOP > セラミックによる治療 > ハイブリッドセラミックによる治療 > ホワイトニング

ハイブリッドセラミックによる治療

 レジンと呼ばれる歯科用のプラスチックにセラミックの粉末を混ぜた材質です。セラミックよりも硬すぎず、粘り強さも持っていますが、汚れが付着しやすく、変色しやすいという欠点もあります。長期的には劣化しやすいため、できればセラミック修復をおすすめします。

治療例

① ハイブリッドインレー
右下の奥歯の歯間に大きなむし歯がありました。2本共にハイブリッドインレーにて修復しました。

② ハイブリッドインレー&クラウン
左下奥から2番目の歯は保存が困難な状態でした。患者さんの希望によりインプラント埋入後、ハイブリッドインレー、クラウンにて修復しました。

③ ハイブリッドセラミッククラウン
左上の奥歯のかぶせ物の金属や段差が気になるとのことでした。噛む力が比較的強かったため、かみ合う面だけ金属を使用し、ハイブリッドセラミックにて修復しました。

④ ハイブリッドセラミッククラウン
左上の銀歯が見え気になるとのことでした。噛む力が強く、歯ぎしりの自覚もありましたので、かみ合う面を耐久性のある金属にして修復しました。
*奥歯(大臼歯)の治療の場合、噛む力が強い方や歯ぎしりなどの習癖がある方には、ゴールドやPGAなどの金属による治療をおすすめしております。