TOP > 歯周病とは > 歯周病治療の流れ > 治療例

歯周病治療の流れ


① 歯周精密検査
ポケットプローブという器具を使用して歯と歯肉の溝の深さを検査します。その他歯肉からの出血や歯の動揺度、清掃状態を詳しく調べます。




② 歯周病を治すためにはプラークコントロールが大切です。
全身状態(糖尿病、高血圧など)や、生活習慣(禁煙の有無、糖分の摂取状態、生活リズム等)についても考慮して治療を進めます。


位相差顕微鏡で見るお口の中の状態


③ 歯石除去・噛み合わせの調整
歯についた歯周病菌の塊である歯石を取り除きます。順次歯肉の中の隠れている歯石も取り除きます。必要に応じてかみ合わせの調整を行います。

④ 再評価
治療前との歯周病の改善度を検査します。問題なければ補綴処置(かぶせ物等)へと移行します。

⑤ 歯周外科
再評価後、必要に応じて歯周外科処置を行います。
処置前:下の前歯がグラグラでこのままでは歯を残すことが厳しい状態でした。
処置後:歯周病の基本治療後、歯周外科処置を行いました。歯を支えていた骨が極めて少ない状態だったため、歯肉は退縮していますが、歯を抜かずに保存できました。


⑥ 補綴処置・メインテナンス
治療後の状態を維持していくためにはメインテナンスが必要です。定期的なメインテナンスを受け、自分の歯を末永く守っていきましょう。